previous arrow
next arrow
Slider

 

「ウィーンクラシックオーケストラ」は1998年、ウィーンの著名なソリスト達 によって立ち上げられた。このオーケストラの類まれな才能は弦楽四重奏などの室内楽から管弦楽までのあらゆる規模とスタイルを持った音楽、特にウィーンの 音楽において発揮されている。

このオーケストラはあらゆ る楽曲に対し編成を柔軟に変化させることで対応することができる。さらに個々がソリストとして、室内楽奏者として、オーケストラのプレイヤーとして活動を 行うことによってこのオーケストラを類まれなものにしている。

ウィーンクラシックオーケストラは形はどうあれ、強くウィーンに関わりを持っている。メンバーはみな、ウィーンで研鑽を積み、地元の オーケストラとともに長年にわたり現在に至るまで活動を行っている。メンバーはウィーンにおいて初めて顔を合わせた時から、互いに影響を受け合ってきた。

このオーケストラの主たる活動としてはウィーンのクラシック界を代表するシューベルト、ラン ナー、シュトラウスといった作曲家達であり、そのため「ウィーンクラシックオーケストラ」と名づけた。

これまで”the capital of the monarchy” はあらゆる音楽家達にとって魅力のあるものだった。そしてそれはまた、避けては通れないものでもあった。私達はウィーンの伝統音楽を守りたい。それは ウィーンという町をあまりにも有名で、不可換なものにしているから。